狭い住宅スペースをピロティを使って活用する

狭い敷地では駐車スペースを確保できない場合には、ピロティを確保して駐車スペースを用意する方法があります。
都市部の住宅はスペース確保が難しく駐車スペースを取ることは困難です。
ピロティは1階部分を柱にして駐車スペースにして、住宅部分は2階以上にしてスペースを有効活用する方法です。
ビルトインガレージなど室内駐車スペースは延床面積の1/5までは面積に含めなくてよいと建築基準法では定めていますがピロティの場合には面積算定に入れなく手も大丈夫です。
地震が多い日本では耐震性は高めておく必要があります。
最近のピロティ建築では構造計算をしっかり耐震性を重視していて、多くが鉄骨造で作られています。
ピロティを活用したモダンな建物が多く、駐車スペースを子供の遊び場として使って雨の日も遊ぶことも可能です。
駐車スペースを1階に2階以上を生活スペースにすることができるため、近隣の視線も気にせず日常を過ごすことができます。

https://shigatoyopet.jp

参考書

最新投稿